city-cars-road-houses.jpg
light-person-woman-fire.jpeg
pexels-photo (1).jpg
sea-beach.jpg
city-cars-road-houses.jpg

21世紀を代表するモビリティ・カンパニーへ


株式会社Azitは、人々と共に、日本らしいモビリティの未来を創る会社です。

自然体でいられる日々を、より多くの人々に提供いたします。

SCROLL DOWN

21世紀を代表するモビリティ・カンパニーへ


株式会社Azitは、人々と共に、日本らしいモビリティの未来を創る会社です。

自然体でいられる日々を、より多くの人々に提供いたします。

 

スマホで呼べる、スマート移動アプリ「CREW」

https://crewcrew.jp/

CREWは、英語で「(船の)乗組員」という意味ですが、

そこから転じて「(同じ船の)仲間」という意味を持ちます。

CREWは、人と人とをつなげる側面を持ち合わせます。

私たちは、CREWを通じて個人をエンパワーし、

人と共に、日本らしいモビリティの未来を創っていく挑戦を行っています。

 
light-person-woman-fire.jpeg

Mission


2008年をピークに、日本の人口は減少しはじめました。

高齢化も進み、労働人口も減りゆく日本で、個々人一人一人の生産性を上げていくことがより社会にとって必要なこととなっていくでしょう。

それと同時に、物質的・経済的な豊かさだけではなく、精神的な豊かさを感じながら暮らしていける、そんな環境がこれからの人々に求められていくと、私たちは考えます。

"消費"する人から"生産"する人へ。

誰かのために、人の役に立つことを提供し、そこにおもてなしの気持ちを加え、「ありがとう」とお互いに伝えあい、人と社会がゆるく長く関わりあい続けられるように。

そんな人の在り方、コミュニティの在り方が、サスティナブルな社会へと、つながっていくと考えます。

シェアリング・エコノミーは、人の想いが繋がる社会を創り上げるのではないでしょうか?

Mission


2008年をピークに、日本の人口は減少しはじめました。

高齢化も進み、労働人口も減りゆく日本で、個々人一人一人の生産性を上げていくことがより社会にとって必要なこととなっていくでしょう。

それと同時に、物質的・経済的な豊かさだけではなく、精神的な豊かさを感じながら暮らしていける、そんな環境がこれからの人々に求められていくと、私たちは考えます。

"消費"する人から"生産"する人へ。

誰かのために、人の役に立つことを提供し、そこにおもてなしの気持ちを加え、「ありがとう」とお互いに伝えあい、人と社会がゆるく長く関わりあい続けられるように。

そんな人の在り方、コミュニティの在り方が、サスティナブルな社会へと、つながっていくと考えます。

シェアリング・エコノミーは、人の想いが繋がる社会を創り上げるのではないでしょうか?

“Be natural anytime”―自然体でいられる日々を

肉体的にも精神的にもリラックスして、自然体でいられるとき、自分らしく生きられると感じます。

一方で、誰かに命令されたり、周囲の人や環境に気を遣っていたりするその時間は他人の人生ために費やしています。

自然体でいられる時間が人生にたくさんあれば、たくさんあるほど、人生は豊かになるのではないか、私たちはそう考えます。

人がつくる空間に人をつなげる、そんなハブとなる役割をAzitが担うことで、

人の自然なやる気を、おもいやりを、おもてなしを、感謝を、感動を、つなげて、そして広げていく。

Azitは、人々が自然体で過ごせる社会を創っていきます。

pexels-photo (1).jpg

Vision


自然体でいられる日々を過ごす人々を増やしていくために、やるべきことはたくさんあります。

私たちはまずその第一歩として、"モビリティ"をテーマに選びました。

モビリティの中心として大きな役割を担ってきたクルマの在り方が、テクノロジーとの融合により変わりつつあります。

今は、それによって人々のクルマの所有の仕方も大きく変わってきている、まさに変革期です。

モビリティの変化は、都市デザインや地域コミュニティの在り方にも影響を及ぼします。

全世界でここの変革が注目されるようになり、実際に各国で大きな変化を遂げている中、この変革を日本でうまく成し遂げられなければ、私たちの暮らす日本は、世界から取り残されてしまうかもしれない。

2014年、私たちはいち早く、日本のモビリティの変革の中心を担う決意をいたしました。

 

Vision


自然体でいられる日々を過ごす人々を増やしていくために、やるべきことはたくさんあります。

私たちはまずその第一歩として、"モビリティ"をテーマに選びました。

モビリティの中心として大きな役割を担ってきたクルマの在り方が、テクノロジーとの融合により変わりつつあります。

今は、それによって人々のクルマの所有の仕方も大きく変わってきている、まさに変革期です。

モビリティの変化は、都市デザインや地域コミュニティの在り方にも影響を及ぼします。

全世界でここの変革が注目されるようになり、実際に各国で大きな変化を遂げている中、この変革を日本でうまく成し遂げられなければ、私たちの暮らす日本は、世界から取り残されてしまうかもしれない。

2014年、私たちはいち早く、日本のモビリティの変革の中心を担う決意をいたしました。

 

“With people, make the future of Japanese mobility”
共に、日本らしいモビリティの未来を創る

巨大産業である"モビリティ"に変化を起こすには、日本らしい在り方を共に創る「共創」の姿勢が重要だと、私たちは考えます。

地域と共に、企業と共に、国と共に、人と共に。

大きく世の中を動かすには、多くの人や組織、コミュニティと共に動く必要があります。

そして、そのとき求められるのは日本という文化や慣わしにあったやり方で、人々の理解や賛同を得ながら変えていくこと。

私たちは、テクノロジーとデザインの力を用いながら、一歩一歩丁寧に世の中と共に歩んで参りたいと考えています。

sea-beach.jpg

Culture


Azitは、まだまだちいさな会社ですが、創業から5期目となり、独自のカルチャーも醸成されてきました。

創業時より最も大切にしてきたのは、事業や資金以上に、人であり、会社の文化です。会社の文化は、人における価値観や性格と同じで、会社をつかさどる根幹だと考えています。

旅の目的地が共有されていることはとても大事なことですが、それ以上に旅路を皆が気持ちよく過ごせる環境をAzitでは強く追求しています。

また、こうした価値観を共有することが、ビジョンを達成し、ミッションを追求していく上で欠かせないことであると考えています。

Culture


Azitは、まだまだちいさな会社ですが、創業から5期目となり、独自のカルチャーも醸成されてきました。

創業時より最も大切にしてきたのは、事業や資金以上に、人であり、会社の文化です。会社の文化は、人における価値観や性格と同じで、会社をつかさどる根幹だと考えています。

旅の目的地が共有されていることはとても大事なことですが、それ以上に旅路を皆が気持ちよく過ごせる環境をAzitでは強く追求しています。

また、こうした価値観を共有することが、ビジョンを達成し、ミッションを追求していく上で欠かせないことであると考えています。

AzitがAzitであるための"3つのエッセンス"

チームプレーで最高のプロダクトを作って、顧客から直接ありがとうって言われたい。

そのために、Azitでは「心構え」と「仲間との接し方」を大切にしています。

 

First, "WILL" 〜 意志あるところに道は開ける 〜

意志こそがガソリンだ。強い意志を持って、挑戦し続けよう。

自分が人生で成し遂げたい「志」を明確にし、それを掲げて人を巻き込むこと。戦略的に動くこと。

妥協や怠惰を忘れ、夢中になり、他の誰でもなく自分のために命を懸けてそれを成し遂げよう。

 

Next, "SPARK" 〜 ガンガンいこうぜ 〜

真夏のビーチにいるような気分で、自分はもちろん、周りの人を明るく照らそう。

常に心には余裕を持って、最後の瞬間まで諦めないで頭を振り絞る。

そして、いつでもちょっとしたユーモアを大切に。笑顔はすべてを癒す。

 

Finally, "PEOPLE" 〜 人を大切に 〜

まず、状況を理解しよう。相手の行動や主張を観察し、対話し、価値観や考えを把握する。仲間に対しても、ユーザーに対しても。

状況の理解ができれば、後は寄り添いながら目標達成に最適な戦略を練るだけだ。ただし、損得勘定だけでは動かない。

そして、オープンな関係性をつくり、心をさらけ出して素の自分で人と向き合おう。最終的には、人への誠実さがすべてだ。

 

Azitでは、人生をかけた最高の挑戦を共に成し遂げたい新しい仲間を募集しております。

少し気になってしまったそこのあなた!

六本木一丁目(六本木、神谷町、赤坂、虎ノ門)にお寄りの際は、名物"スドーバックス"のコーヒーはいかがでしょうか?

取締役須藤があなたのために、美味しいコーヒーをお淹れいたします!

もちろん、無料です。お気軽にお越しください。

ただ、いきなり来られるとちょっとだけ困っちゃうので、

念のため下記フォームから事前に連絡いただけるととても助かります!

メール、携帯電話などご連絡が取りやすいものいずれかのご入力をお願いいたします。日程調整のため、こちらに須藤から連絡がいきます