PRODUCT

すべてのクルマで移動できるとしたら、な未来へ

今、世の中にあるすべてのクルマで移動できる未来。
好きなドライバーの運転するクルマ。乗ってみたい車種のクルマ。
そして、いきたいところに何処へでも連れていってくれるクルマ。

そんな未来に向かうために、
日本におけるモビリティについて 私たちは考えなければいけません。

日本ならではの、私たちにしかできない、”モビリティ”の未来へ向かおう。
その未来へと繋がる道を、私たち自身で切り拓いていこう。

  • TECHNOLOGY

    移動における需給の最適化

    移動における「需給の最適化」を行うテクノロジーに投資し、ネットワークを構築することで、より効率的なモビリティを実現します。

  • COMUNITY DESIGN

    相互の礼儀と信頼関係

    安心安全を第一とし、"おもてなし" と "ありがとう" の循環を促進することで「相互の礼儀と信頼関係」のあるコミュニティを提供します。

  • PUBLIC POLICY

    公平な利用可能性

    人々の生活の基盤となる公共性の高いサービスを提供する企業として「公平な利用可能性」を追求します。